うつ病に使用される抗うつ剤|得られる効果と副作用

ハートと薬

発生する副作用

女の人

一概に抗うつ剤と言っても、その種類はたくさんあります。どの抗うつ剤を使用するかは医師が診察とカウンセリングをもとに慎重に考慮して決めますが、どうやって選んでいるのかなど気になるところでもあります。抗うつ剤の使い方には、厳密に決められているわけではありません。症状は1人1人異なるため。使用する抗うつ剤も個人の状態にあわせて臨機応変に考えるでしょう。うつ病治療のガイドラインや医師の知識や経験などの様々な情報をもとにして、抗うつ剤を選択していきます。

使用される抗うつ剤は次のような種類があります。1つ目が三環系抗うつ剤があります。効果は非常に強力ですが、その分副作用も多く出てしまう特徴を持っています。三環系抗うつ剤は、一番歴史の古い抗うつ剤で大体1950年ごろから使用されるようになったと言われています。非常に強い抗うつ作用を持っていますが、その分副作用も多くて、重篤な副作用を引き起こしてしまう場合があります。そのため、現在の医療現場では安易に処方を行なうことはせずに、その他の抗うつ剤が効かない場合は症状が重い患者だけに限定して使用することがあります。次に四環系抗うつ剤があります。効果は他と比べると弱く感じますが、眠りを深くしてくれる作用が優れているのが特徴になっています。上の三環系抗うつ剤は効果は強力だけ副作用の心配が怖いというものでしたので、もう少し安全性を持っている抗うつ剤を望まれ、そこで開発されたのがこの四環系抗うつ剤のなります。三環系と比べるとはるかに副作用は少なくなりました。また、三環系では効果を実感できるまで大体2種間ほどかかっていましたが四環系はおよそ1種間程度で効果が実感できたことで、即効性も改善することが可能になりました。しかしながら、四環系は抗うつ効果が弱いために、そこまで普及はされていません。眠気を誘発させるものが多くて、飲む里の質を高める効果がすごいため、主に不眠に悩まされているうつ病の患者に使用されています。このように、抗うつ剤の中でも色々な特徴を持っている薬があり、症状などによって使い分けています。現在も抗うつ剤の開発は行われており、今後も治療に効果的な薬が登場するでしょう。

抗うつ剤を服用するにあたって、よく言われているのが副作用です。副作用は比較的に出やすいので、事前に副作用を把握して対策を考えたり副作用が強く出ないように心がけることが大事でしょう。副作用の種類でまずは眠気があります。この眠気がうつ病の薬物療法で使用される薬で一番多い副作用と言えるでしょう。この眠気は薬によって、また患者の状態によって眠気の度合いは様々になります。次に、口やのどの渇きがあります。気分安定剤などを飲んでいると、このような副作用が見られます。発生する原因として、脳内で情報のやり取りを行っている神経伝達物質に薬の効果が作用しているからだと考えられています。
また、吐き気やむかつきなどの消化器系の副作用も多くあります。吐き気などの症状は、抗うつ剤を飲みはじめたときによくみられる副作用になります。大抵の場合は、約1~2週間たてば症状は治まってくれるのですが、その間吐き気などを抑えるために胃の粘膜を保護する働きを持っている胃薬などもあわせて処方されることがあります。その他にも、排尿障害や皮膚に湿疹が出たり、立ちくらみやめまいなどもあります。

このような副作用が出てしまいますが、副作用が激しいおよびいつまでたっても治まらない場合はちゃんと医師に相談を行なうことが大事です。また、薬を処方されたら、医師や薬剤師の人に薬の飲み方や効能や副作用について、忘れずに確認することを忘れないようにしましょう。家族などの周りの人も薬や副作用について理解することが大切です。

Copyright © 2017 うつ病に使用される抗うつ剤|得られる効果と副作用 All Rights Reserved.