うつ病に使用される抗うつ剤|得られる効果と副作用

ハートと薬

抗うつ剤の効果

ウーマン

うつ病を治療する方法は、ここ数年で確立されています。すべて同じ治療を行なうのではなくて、患者1人1人に適した治療法を考慮し、うつ病の症状を少しでも和らげていくことが治療方法の主流となっています。抗うつ剤やカウンセリングなどの治療法を長い間行なうことで効果を実感しやすいですが、そのためには家族などの周りのサポートが非常に大切になっていきます。現在のうつ病治療で一般的に行われている治療法を見てみましょう。
まず1つ目として、十分な休養を取ることがうつ病の治療を行なうにあたってとても重要になります。疲労がたまった心と身体をちゃんと休ませないことには、他の治療を積極的に行ったとしても、効果が薄くなってしまうと言えるでしょう。また、責任感を持っていて誰よりも真面目な人は、心身の休養のために仕事を休んだり、家事を行なわないことに罪悪感を覚えることもあります。そこで本人の罪悪感を払うためには、家族や周囲の人たちは医師から詳細な病状を聞いて、理解をしたうえで十分に休むことを協力して行なうようにしまよう。

次に抗うつ剤の服用があります。薬の副作用について色々な意見がある現代は、心療内科や精神科にて処方された薬に抵抗を感じてしまう人もいるでしょう。ですが、医師の指示をしっかりと守って正しく服用を行なえば、しっかりと効果を発揮してくれます。現在わかっているうつ病の症状は、抗うつ剤などの薬で改善をすることは可能になっています。うつ病の治療に使用される薬は主に抗うつ剤になっていて、服用し続けることでうつ病の症状が発生してしまう原因の脳内神経伝達のバランスをもとに戻す効果を持っています。この抗うつ剤は長期間飲み続けることで効果があらわれます。そのため、残念ながら1週間ほどを服用しただけでは効果を実感することは出来ません。もし何らかの理由で、途中で服用を止めてしまうと、効果を実感しないまま副作用に苦しめられることがあります。抗うつ剤を服用するときは、必ず医師のいうことも守って正しく飲む必要があります。周囲もこの抗うつ剤の減りが早い、遅いなど気づいたことがあれば、すぐに本人と医師に相談を行なうと良いでしょう。

また、抗うつ剤は色々な注意点があります。抗うつ剤はサプリやハーブティーなどと一緒に飲んでしまうと、相互作用で副作用が強く出てしまう場合があります。もし、サプリやハーブティーを飲みたい場合は医師に聞くようにしましょう。また、抗うつ剤を服用するにあたって、薬を食道から胃まで迅速に運ぶためには必ずコップ一杯の水などと一緒に飲むようにしましょう。水以外であれば、薄めのお茶でも問題はないです。飲み物と一緒に飲まないと、薬がのどや食道にくっついてしまって、食道炎や胃潰瘍を発症してしまうこともあるので、注意が必要になります。あわせて、胃の中で薬が溶けなくて体内に吸収されるのが遅れてしまい、効果が現れるまで時間が経つこともあります。うつ病の治療で言われる十分な休養と抗うつ剤の服用をしっかりと行うことが大事です。

Copyright © 2017 うつ病に使用される抗うつ剤|得られる効果と副作用 All Rights Reserved.