うつ病に使用される抗うつ剤|得られる効果と副作用

ハートと薬

市販の薬と抗うつ剤

薬を持つ人

うつ病と診断されたら主に抗うつ剤を処方されることでしょう。ですが、人によっては市販で販売されている薬を服用している人もいます。病院で処方される抗うつ剤は副作用が強いから市販の軽めの薬を使用すると考えるようです。確かに病院の抗うつ剤は正しく服用をしないと副作用が強く出てしまうこともあります、ですが、医師のいうことを守ってしっかりと服用を続けていれば抗うつ剤の副作用はあまり感じないでしょう。市販の薬も服用にあたってのルールをしっかりと守っていれば大丈夫ですが、自己流の摂取方法などで行なうと色々なリスクが高まってしまうので気を付けましょう。

うつ病の薬は主に精神安定剤と呼ばれており、精神安定や抗不安作用、抗うつ作用に非常に効果が高い薬で脳内に直接作用することが出来るので、医師の処方箋がないと普通は手に入れることは出来ません。なので、抗うつ剤や抗不安薬などは通常では入手することが出来ないです。ですが、一部では市販で購入することが出来ます。大手の製薬会社からもいくつか販売されています。また、インターネット上の通販サイトでも入手することが出来ます。市販されている薬は、薬事法でちゃんと管理をされているので、使用の用法と用量を厳守し、正しい目的で服用を行なうと問題はないでしょう。しかしながら、副作用も少なからず発生してしまうケースがあります。幅広く処方される薬や用途が多い薬ほど、その用途の種類に対する副作用が現れてしまいます。抗不安作用や筋肉の緊張緩和、催眠作用の効果が現れると同時に、服用しすぎるとそれらの作用が過剰に出てしまい心身ともに影響を与えてしまう可能性があります。
また、病院で処方される抗うつ剤や市販で購入することが出来る薬は、アルコールと一緒に飲むのは極めて危険とされています。薬の効果で得ていた本来の抗不安作用や緊張を和らげてくれるなど安定している状態をアルコールは壊してしまいます。その結果として、薬の効果を実感することができないとの錯覚に陥ってしまって、過剰に薬を服用してしまいます。そうすることで、通常の副作用よりもとても大きな副作用が心身に発生してしまいます。摂取量が増えることで、副作用の影響もその分多く出てくることは当たり前になります。最悪の場合だと、大きな事故や思わぬトラブルを招いてしまうので絶対にアルコールと一緒に摂取しないようにしましょう。

うつ病の治療にあたっては、本来は抗うつ剤を使用するのが基本とされています。副作用などは医師と相談をして薬を種類や量などを検討していきましょう。自己判断で服用をやめたり、別の薬を飲むことはやめましょう。また、うつ病などの神経疾患の疑いがある場合は、市販の薬で治そうとするのではなくて、まずは医療機関に受診に行くことが大事と言えるでしょう。

Copyright © 2017 うつ病に使用される抗うつ剤|得られる効果と副作用 All Rights Reserved.